パイナップルぷるぷる本

 

商品の説明

内容紹介

パイナップルについて徹底的に詳しく、そして愛情深く綴られた初めての本。
パイナップルの歴史や植生、その食べごろや人気シェフによるパイナップル料理のレシピ、果ては美肌にいいとされる最新の研究報告等、究極の「パイナップル読本」がここに。

出版社からのコメント

「パイナップルはおもしろい」。パイナップルにとりつかれたルポライター、谷山武士が日本中を歩き回ってその魅力の本質に迫る。小林紀晴の美しい写真と鈴木克彦のやさしいイラストも豊富に収録したB5判変形オールカラー96ページ。巻末には「パイナップル新聞」も掲載。おいしくて美容にもいい美しき人のためのフルーツ、パイナップル。今日、買って帰ろう。

内容(「BOOK」データベースより)

今日、買って帰ろう。パイナップルは美しき人のためのフルーツだ!

著者について

谷山武士(たにやま たけし)
ルポライター。1973年山口県生まれ。二玄社『NAVI』の記者、『助六』の編集長を経て、クリエイター集団「bueno」を立ち上げ、代表を務める。同社では建築、インテリア、食からライフスタイル全般までを、幅広い分野で編集及びディレクションなども手がけている。著書に児童書の『くるま』(二玄社)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

谷山/武士
ルポライター。1973年山口県生まれ。二玄社『NAVI』の記者、『助六』の編集長を経て、クリエイター集団「bueno」を立ち上げ、代表を務める。同社では、建築、インテリア、食からライフスタイル全般まで、幅広い分野で編集及びディレクションなども手がけている

小林/紀晴
写真家。1968年長野県生まれ。’95年『ASIAN JAPANESE』でデビュー。’97年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞受賞。写真展『遠くから来た舟』で第22回林忠彦賞受賞

鈴木/克彦
クリエイティブディレクター。アートディレクター。イラストレーター。1967年愛知県生まれ。博報堂勤務。広告キャンペーンやデザインプロジェクトに携わりながらイラストレーション、キャラクター開発を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

最近はパイナップルは様々な栄養成分が注目されている様です

特にパイナップルセラミドは美白と共にお肌がぷるぷるになる成分として注目されています