ドカベン

manga2018080101『ドカベン』

ジャンル スポーツ(野球)
作者 水島新司
連載 週刊少年チャンピオン
巻数 48巻完結

『ドカベン』は水島新司による野球漫画である。
ストーリーは神奈川県の明訓高校に通う山田太郎が甲子園を目指すというもの。
悪球打ちの岩鬼、音楽を絡めた秘打を披露する殿馬、小さな巨人里中、いつも笑顔の微笑など個性豊かなキャラクターが登場し、全国の強豪チームと優勝を争う。
連載当時、全国の野球少年が打席でクルクル回ったり、葉っぱを加えて打席に立ったりしたという。

表紙でもわかるように、実は最初は柔道マンガだった。
柔道部で活躍している山田太郎が本格的に野球を始めたのは単行本の7巻。
消える魔球等の必殺技が存在せず、あくまで野球としての勝負が行われると言うのも当時としては珍しかった。
ファンに語り継がれる「ルールブックの盲点」のエピソードも、本来野球漫画なので野球のルールに従うのは当然でありながら、現在でも語り継がれている。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です