アカギ 〜闇に降り立った天才〜

index

「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」は、福本伸行による1992年から2015年の今も近代麻雀で連載中の大長編漫画作品である。

元々は同作者の「天」という漫画に登場した「伝説の雀士 赤木しげる」の高い人気がきっかけで、その赤木の若き日の伝説とは、という内容のスピンオフ作品であった。

登場人物たちの心理描写が細かくリアルであり、赤木の思考が天才的な発想となっていることが人気の理由として言われている。

しかしその弊害として「人物の内面描写が長すぎて、メインストーリーが進まない」という現象がおきている珍しい作品である。

一例をあげると、赤木がある人物と麻雀勝負をしている、その勝負は半荘6回なのだが、連載開始からなんと17年経過してもまだ決着がついていない(2015年現在)ことも本作を語る上で外せない話となっている。

配牌描写だけで9カ月を要した事もある。

元々の連載頻度が月1連載であることもあるが、ひとえに作者の内面描写の凄まじさの片鱗が表れている。

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です