幽遊白書

index

「幽遊白書」は週間少年ジャンプで1990年~1994年まで連載された、冨樫義博による漫画作品。

主人公である浦飯幽助が物語冒頭でいきなり死んでしまうことから始まる、浦飯幽助とその仲間たちの活躍をオカルトや少年誌らしい格闘要素で描く冒険活劇。

物語序盤は少年誌での連載であったこともあり男子ファンの方が多かったらしいが、「飛影」と「蔵馬」というキャラクターが女性人気を博し、この時点でファン層が逆転。

雑誌のインタビューやバレンタインデーの企画などで、作者本人からひやかされる一面もあるほどであった。

1992年にはテレビアニメ化もされ、さらに人気に拍車がかかり、全19巻の漫画にも関わらず、単行本の累計発行部数は5000万部とも言われ、驚異的な発行部数となっている。

連載終了のきっかけは「作者の持病悪化のため」となっており、最終話になればなるほどトーン無し、ペン入れのみ、というような内容になってしまったが、これはこれで味があるという意見もある。

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です