AKIRA

images

大友克洋によるAKIRA。

連載開始当時(1982年)、その緻密とも言える書き込みと、大胆な構図、近未来設定のリアルさと超能力というSFの融合が見事に作品として描かれ、漫画だけでは無く、後のアニメも大ヒットした。

また、単行本と言っていいのか全6巻のコミックは、サイズがとても大きく、また1冊1冊がかなり厚いため、家の本棚に入れられないで困っている人が多いとかなんとか(私もその一人)

作中にAKIRA(表記で言うとアキラ)は出てくるが、実はこの名づけの由来はあの有名な映画監督「黒澤明」にちなんでつけられている。

ファンであり、影響を受けたから、という理由らしい。

最近の若い子は知らないかもしれないが、是非見て欲しい作品である。

最後に余談として、作中には「2020年東京オリンピック」という設定が出てくる。

当然1982年に書かれたものだが、まさか本当に2020年の東京オリンピックが決定するとは、と開催決定のニュースを見てびっくりしたものである。

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です