課長島耕作

index

「課長島耕作」は、1983年~1992年まで連載された弘兼憲史によるサラリーマン漫画である。

本作がきっかけとなり、後に部長、取締役、常務、専務、社長、会長、ヤング、係長、学生などのシリーズが生まれた。

1980年代前半~後半のバブル期を経て、1990年初期頃までの経済動向、企業間競争、派閥争いなどのサラリーマン(特に団塊の世代)の様々な事象をリアルに描いた作品として名高い。

今ではかなりのやり手のように描かれている島耕作であるが、実は物語初期では小心で保身を考える平凡なサラリーマンであり、セックス描写も並以下のように書かれていた。

実は物語の中心である「初芝電器産業」という会社は、作者が過去に働いていた松下電器産業(現在はパナソニック)がモデルとなっており、松下電器の経営行動と同じストーリー展開になることがある。

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です